Propolis Book
プロポリスの知っておきたいアレコレをまとめました!
サプリメント選びに活用してください。

プロポリスの好転反応はどんな症状がある?

プロポリスには人によって「好転反応」が出る場合があります。
「好転反応」と「副作用」って何が違うの?と多少わかりにくさも感じる両者の違いについて解説していきます。

【「好転反応」とは?】好転反応とは、体の自然治癒力が高まることによって、体内の毒素や老廃物を排出しようとする際に見られる一時的な不調のことです。
一般的には、湿疹やじんましん、吹き出物といった皮膚症状、下痢や腹痛あるいは吐き気といったお腹の症状、頭痛や体のだるさといった症状が多いです。
好転反応が出やすい人というのも一定の傾向があります。
不規則な生活を送っている人や運動不足気味の人、食生活に偏りのある人には出やすいといわれています。
プロポリス摂取によって体が良くなろうとして起こる反応ですから、一時的に不調となっても少しずつ不調は改善していくのが特徴です。

【「副作用」とは?】プロポリスそのものが体に合わない体質の人が副作用を感じやすいです。
蜂アレルギーの人が蜂産品のプロポリスを摂取したら喘息発作やじんましん、ひどい場合はアナフィラキシー症状を引きこしますね。
それと同じく体調がよくないときや過剰摂取、そもそも蜂アレルギーの自覚がなかったなどの場合に「副作用」として症状が現れてしまいます。
具体的な症状としては頭痛や腹痛、下痢、じんましんや喘息など呼吸器の異変が多いようです。
好転反応と異なるのは、一時的な症状で治まらないという点です。
副作用と思われる症状が出た場合はただちにプロポリス摂取をやめて医師の診察を受ける必要があります。

【好転反応が出てしまったら?】好転反応の場合は一過性の症状ですが、プロポリスの摂取は注意をする必要があります。
無理やり摂取し続ける必要はないのですから、症状が重い場合はいったん摂取を中断することも必要です。
症状が治まった頃に少量ずつ摂取を試みるほうが安全でストレスも少なく済みますよ。

トップに戻る