Propolis Book
プロポリスの知っておきたいアレコレをまとめました!
サプリメント選びに活用してください。

プロポリスの消費期限はどのくらい?

プロポリスは、ワックス形状の物から、アルコールを利用して抽出した液状のものが、製造工程で加工され、製品化されたものを飲用したり、服用して利用しています。
もし、長期間の保存が出来るとしたら素晴らしい製品と言えます。

殺菌作用で、うがい等で利用する場合、毎日うがいする場合は問題なく消費するのでいいのですが、もし長期間使用しない場合では、その効果はどうなるのでしょう?
蜜蜂の産物で特に有名なのはローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは、冷蔵保存や冷凍保存等、保存の方法をしっかりと保っていれば長期間の保存が可能ですが、保管方法を間違えると食べる事が出来なくなりますので、保管方法には気を使いますし、食品加工されているので、保管方法に誤りが無くても、消費期限が設けられているので、期限の切れた物は破棄しなければなりません。
プロポリスは、抽出の際、アルコールを使用しており、他の保存料などの添加物は一切使用していないのです。
しかし、アルコールを使用しているので、それだけでも長期保存できるような状態になっているので、一概に消費期限がどのくらいとは定まっていません。

しかし、プロポリスもローヤルゼリーと同様に、製品になった場合には保存に気を使います。
製品になった場合には、消費期限が設定されますが、長期保存が出来るようにしておく必要があります。
その方法が、冷暗所に保管する事です。
製品の品質変化を避けるため、直射日光が当たる場所や、高温になる場所に保存するのは避けて置き、冷蔵庫の様に、冷暗所に置いておくことが必要になります。
また、製品の安全上、もし開封してしまった場合、出来るだけ早めに消費してしまいましょう。
開封した後では、製品の品質低下の原因に繋がるので、効果が薄れる可能性もあります。

実際、プロポリスには消費期限という物が無いのが現状ですが、健康食品として生成されている以上、消費期限を設けていなければならないので、表記されています。
期限が切れている物は避けるほうがいいのですが、保存方法が良ければ品質に変化が無い可能性もあります。
また、プロポリスは摂取量を守って使用しましょう。

トップに戻る